本文へスキップ

趣味のゆる~ぃバイアスロン biathon.jp

記事archives

[2014/05/24]
ブログ人終了の仕方に怒、NTTコミュニケーションズのお知らせ文章にも怒。


【関連記事】2014/09/10「ブログ人終了は結果的によかった 今は感謝しています」
【関連記事】2014/08/31 NTTコミュニケーションズによる個人情報配信事故発生
【関連記事】2014/08/03「biathlon.jp 引越完了しました」
【関連記事】2014/08/01「biathlon.jp サイト引越ました」

※この記事を書いた時は、イラッとしていました。厳しい事ばかり書いて居ます。NTTコミュニケーションズさん、ごめんなさい。でも、書いて有るのは本当の事です。

NTTコミュニケーションズという会社は油断できないと言うか、ユーザに迷惑を掛ける事を悪い事だとは思っていない会社らしい。(*1)

NTTコミュニケーションズが突然「ブログ人を終了」を発表した。biathlon.jpはブログ人をつかっています。サービスが終了するまでに、引っ越しの段取りを決めて、いろいろ周知などをしなくてならない、引っ越しには稼働とコストが必要となる。それを急にサービス終了と一方的に言われたユーザーはどうすればいいだろう。私の場合は、マイアドレスプラスを利用する際に、NTTコムからの案内(*2)に従ってブログ人を開設した経緯があるので、理不尽さを感じている。

NTTコミュニケーションズに対する気持ちとしては利用者に泣き寝入りを強いる様な対応には怒りを超えしまい。他の利用者が同じような苦労をしないように積極的に情報公開する使命感を持たせてくれる。

個人/法人を問わず、利用中のサービスが終了する場合、代替のサービス提供者と契約をする事になる。目的に合ったサービスで、コストも見合った事業者を見つけて契約し、移行作業を行うというのは非常な手間であるが、NTTコミュニケーションがこの手間に見合う見返りをくれる訳でも無く、加えて具体的な対応策すら示さない。
とりあえず、引っ越し先を推奨しているが、推奨する理由は提示されていない。

終了のお知らせは重要なお知らせだと思うのだがメールでの連絡も無く、ホームページの一角にこっそり書いてあるだけ。おまけに、終了の掲示から、新規受付の終了まで10日しかない。(今更、新規で初める意義はないけれど...。)。まっとうな事業者とは全く思えない仕事である。告知期間を稼ぐために掲示だけしたという感じだ。(*3)

ちなみに、テクニカルサポートの電話番号があったので確認を取ってみたが、NTTコムお勧めの方法をとっても下記の不都合は起きるらしい。

  1. サーバー名、ドメイン名は引継がれないので、googleで検索上位にはっている人などでも、実績は消失する。
  2. 同じテンプレートは使えないので、修正が必要。
  3. レイアウトの設定も再設定、再調整が必要。
  4. お勧めの引っ越し先は独自ドメインのメニューない。独自ドメインユーザは自分でブロバイダ探して引っ越さなくてはならない。 (*4)
  5. マイアドレスプラスを使っているユーザも当然引っ越しできない。
    (マイアドレスプラスのDNSはショボイので、他のプロバイダへの引っ越し設定が大変そうだ)
  6. 引っ越しに対してツール提供以外のサポートはする予定はないと明言しやがった。(そのツールの仕様も詳細を突っ込むと回答できないくせに。)

引っ越しサポートに対して、ちゃんと回答して欲しいと要望したが、回答には時間が掛かるとの事だった。
ユーザに迷惑を掛けているという意識は、ユーザーの怒りに晒されるコールセンターのオペレーターには有るようだが、会社としてはそんな意識は微塵も感じられない。信用するに値しない事業者である。

総合すると、biathlon.jpは引っ越し先の仕様で対応出来ないので、引っ越しは全てユーザ側で考え、実行し、コストもリスクもユーザが持てという結論で、質問に対する回答も期限が示されない未来の話という事でした。

引っ越しの段取りを考えるだけで泣けてくる。これだけでも十分怒って良いと思うのだが、ホームページの告知文が、斜め上にぶっ飛んだ文章で、本来ならユーザに迷惑を掛ける事をお詫びのはずだが、文中には一切お詫びの言葉が無い。
【OCNからの転記になります】
                             2014年5月21日

「OCNブログ人のサービス終了について」


平素より「OCNブログ人」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、誠に勝手ながら「OCNブログ人」のサービス提供は、2014年11月30日をもちまして終了させていただくことになりました。 これに伴い、2014年5月31日をもってOCNブログ人の新規申込み受付を停止させていただきます。

ブログを継続されるお客さま、これからブログを始められるお客さまには、NTTレゾナント社が提供する「gooブログ」を推奨いたします。ご利用中のお客さまが「gooブログ」へ引越しいただく方法については、以下をご確認ください。


 NTTコムのユーザーに対する姿勢がよく現れている文章だ。
会社のホームページに掲載する内容は正式な文書なので、上記の表記がそのままNTTコミュニケーションズの利用者に対する姿勢となる。

ビジネス文書を書くときの、サンプルにちょうど良いと思う。(良い例では無いけどね)
他社においてもサービス終了に合わせて、引っ越が発生しているが、他社は終了までのリードタイムをちゃんと取っているしサポートもちゃんとやってくる。だいたい、自社内に代替サービスが無い場合は1年くらいは移行のための期間を取っている事が多い。OCNは半年+数日でかつ、ユーザーへの告知はHP上に小さく書いてある程度だった。本当に酷い話だ。
 
 
*1
NTTコミュニケーションズの利用に当たっては注意が必要。まず、NTTと付いているからと言って、しっかりした対応をするとか、責任を持ってサービスを提供するなどという幻想は持たないこと。同じサービスを提供している会社があるなら、ちゃんと比較検討すること。個人的には利用忌避プロバイダという位置付けにしている。
*2
開設時にマイアドレスプラスの独自ドメイン利用はブログ人のみ動作を保証すると言われたのでログ人を使った。
ブログ人終了に伴い、NTTコミュニケーションズは他のブログサービスを紹介しているのだが、ちゃんと動作することを保証しているのだろうか?
*3
非難が多かったせいか、表示は大きくなり、メールでの連絡もずいぶん遅れて届きました。
*4
ブログ人終了の発表直後は、サポートセンターの対応などの準備が全然できてなくて、質問に対する適切な対応や、移行ツールの仕様や提供時期も回答出来ないという実にお粗末な状態だった。あまりのいい加減さに、あきれて物が言えなくなった。

【追記】
ブログ人終了の案内は2014年12月1日に下記の様に変わりました。内容は相変わらず、利用者を大切にしている事業者とは思えない内容です。NTTコミュニケーションズのホームページより転記。
                                      2014年12月1日
OCNブログ人のサービス終了について

この度、誠に勝手ながら「OCNブログ人」のサービス提供は、2014年11月30日をもちまして終了させていただきました。

これまで長らくご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。 今後もNTT Comでは、お客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、 何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

また、gooブログへのリダイレクト設定につきましては、2016年3月31日までご提供させていただきます。

なお、新規にブログを始められるお客さまは、NTTレゾナント社が提供する「gooブログ」を推奨いたします。 詳しくは、以下のリンクをご参照ください。

<gooブログ>
http://blog.goo.ne.jp/

<ブログ人からgooブログへ引越しされたお客さまへ>
リダイレクトのご提供は、OCN会員を継続いただいているお客さまのみとさせていただきます。
OCNを解約された場合は転送を終了させていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

gooブログへの誘導機能に関する提供条件:
■提供期間:2014年10月16日~2016年3月31日
■当社は、本誘導機能のお申込者の承諾を得ることなく、この提供条件を変更することができるものとします。
この場合、別途ホームページ等にて提示した時をもって、変更が有効になるものとします。
■当社は、本誘導機能の提供にあたり、その動作については保証しておりません。
動作確認は、 本誘導機能のお申込者ご自身にて実施してください。
■gooブログへの誘導機能により損害が発生したとしても、当社はその責任を負いません。
利用者にとっては、かなり迷惑なサービス終了だったのですが、
「今後もNTT Comでは、お客さまへの一層のサービス向上に取り組んでまいりますので、 何卒ご理解のほどお願い申し上げます。」
なんて文字列が入っている事には、驚く限りです。言葉の意味を理解してつかっているのか? それとも利用者を再び騙そうと準備しているのか?
あぶない、あぶない。
しかし、文中にある「gooブログへの誘導機能」だけを切り出すと、なんか悪い事をする機能に見えてしまうのは、私がNTTコミュニケーションズに酷い目にあったからでしょうか。