本文へスキップ

趣味のゆる〜ぃバイアスロン biathon.jp

記事archives

[2014/01/27]
東日本バイアスロン大会 結果


東日本バイアスロン大会の結果
  1. 7.5km  マススタート 
  2. 12.5km マススタート
  3. 15km   マススタート
  4. スーパースプリント

⇒ 大会ホームページで確認
⇒ ローカルファイル(PDF)で確認
⇒ ローカルファイル(Excel)で確認

【注意】
ローカルファイルは、大会ホームページのURL変更やデータの消去に備えて、ローカルに保存したもので、大会HPのデータが変更されても、変わらない可能性があります。

[2014/01/26]
東日本大会には 参加できませんでした。。。


 大会直前に家族が大怪我をしまして、救急の対応をしていただきました。その時には、心配はしていなかったのですが、翌日 専門医の診断をうけましたら、かなり重傷であることがわかりまして、看護の為に東日本大会は欠場する事になりました。突然のスケジュール変更でご迷惑をおかけした各位にはこの場でお詫びさせて頂きます。

 入院だけでも1ヶ月半はかかるだろうとの事で、今年の競技シーズンはお休みです。来年に向けて、頑張りたいと思います。自分も年をとっているのであんまり無理も利かないので、競技も看護もやると、破綻しそうなので最初から看護に絞って行きたいと思います。

[2014/01/12]
バイアスロンの射撃姿勢


バイアスロンの射撃姿勢には伏射と立射の2種類があります。両方とも距離は50m。
オリンピックを見る時の参考



伏射(競技の中ではP(ピー)とかプローンと呼称することもあります)

伏射は、うつぶせに寝て、肘を突き、銃を支えますので安定が良く、精度が高くなります。そのため、伏射の的は小さく(直径45mm)になっており、当てるのを難しくしてあります。


立射(競技の中ではS(エス)とかスタンディング(ポジション)と呼称する事もあります)

立射は、両足でたって銃を撃ちます。伏射より躰が不安定になるため、当てるのが難しく、的は大きく(直径115mm)になってます。


【参考】射撃姿勢には膝射がありますが、バイアスロンでは使いません。



[2014/01/06]
FAQ02:練習はどうしているの?


よく頂く質問と回答

【質問】
バイアスロンの練習はどうするの?

【回答】
 質問する人の知りたいことは、射撃とスキー両方を一度に練習する場所についての質問の場合が多いのですが、本州では常設で射撃とスキー両方を練習できる場所を知りません。岩手県にある田山射撃場・スキー場で、運が良ければ両方練習できる時があります。
 冬戦教の施設をお借りできない限り、通常は射撃とスキーは別々に練習して本番に備える選手がほとんどです。XCスキーについてはスケーティングの練習。射撃(ライフル射撃)については射撃場での練習となります。
 蛇足ですがバイアスロンと標的射撃とは異なる練習内容となります。バイアスロンは規定内の精度でできるだけ早く射撃ができるような練習を行いますが、標的射撃は規定時間内にできるだけ精度を高く射撃をする練習をします。タイムで勝敗が決まるバイアスロンに対して、標的射撃は得点で勝敗が決まるため価値観が異なります。


[2014/01/06]
FAQ01:バイアスロンは自衛官しかできないスポーツでは?



【質問】
バイアスロンは自衛官しかできないスポーツではないの?

【回答】
 答えは、銃免許の取得と体育協会からの推薦で参加できる競技です(私も選手ですが自衛官ではありません)。
 選手の多くが自衛官であること、オリンピックの選手が自衛官(冬季戦技教育隊)ばかりであることから、自衛官しかできないスポーツと誤解が多いようです。銃の取得はライフル射撃と同等の手続きと資格(免許の取得)が必要で、これは射撃競技に共通の苦労だと思います